2020年10月11日

今日のこと

 今年初め、中国武漢から始まったコロナ騒動、横浜港に入港したクルーズ船に感染者が多数出た時、驚きはしたが、その後世界中がこの疫病に振り回され、これほど怯えた生活を送ることになろうとは、その時まだ考えていなかった。
 で、2月初め、夫の秋の東京旅行、息子の今年暮れ東京からの帰省に係る航空券を早得でゲットしていた。
 初めは対岸の火事だと思い、恐れおののいている中国人を笑って見ていたが、あれよあれよという間に火の粉は日本に届き、その火の粉は日本中に蔓延している。
 それにより片田舎に住む私の生活も、昨年とは全く変わってしまった。
 自粛自粛で、週一のプールも、3日に一度の温泉へも行けなくなった。
 施設に居る姉にも会えなくなった。料理教室も長い間お休みだった。
 何よりショックなのは、航空券を2件ともキャンセルしたこと。
 夫の秋の旅行はずいぶん前に諦めてキャンセルしたが、お正月の子供の帰省のキャンセルはだいぶん悩んだ。
 キャンセル料が50%取られるぎりぎり前まで待とうと思ったが、コロナ禍の状況が収まる気配がないので、今日思い切ってキャンセルの手続きをした。
 今年のお正月は寂しいなあ。
 夫も私も、どっと年取ってしまいそう。
posted by hidamari at 22:12| Comment(0) | 日常のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする