2021年07月11日

今日のこと

 午前中、雨が一時止んだ。
 その時を見計らって、畑に出て、キュウリ、ナス、シシトウ、オクラ、ピーマンを収穫した。
 2〜3日前、お隣のご主人に会った時、前にあげたキュウリのお礼を言われた。
 その時、「今度オクラが生ったら、またあげますね」と約束した。
 で、今日、オクラに添えて、キュウリ、ナス、ピーマンも、あげるべく、ちゃっちゃっと包んで準備していたら、宅配便でお中元が届いた。
 送り主を見ると、今から伺うお隣のOさんだった。
 腑に落ちなかったが、とりあえず、野菜を持って行き、お中元のお礼を言った。
 応対してくださったご主人、けげんなお顔をしておられたが、野菜は笑顔で受け取ってくださった。
 自宅に戻り家事をしていたら、ピンポーンと訪問客。
 出ると、お隣のOさんが、さっきあげた野菜の入った袋を持って立っておられた。
 「家内にも確かめたのですが、内からお中元、何も送っていません。この野菜、お中元の送り主にあげてください」・・・と。
 私、やっちゃいました。
 送り主の名前、読み違えです。
 活字が小さい上、字面が似ていたこと、ちょうどOさん宅に伺おうとしていたこと等が重なっての思い込みだった。
 前にも同じ失敗を別の方で、やっている私。
 不注意を恥じ入るばかりです。
 野菜をあげることとは関係ないこと、早とちりと無様を陳謝し、野菜は再び持ち帰ってもらった。
 今日の私のトホホ話しです。
posted by hidamari at 22:03| Comment(0) | 日常のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする