2005年06月14日

ツツジの花とアゲハチョウ―庭の花をこまめに撮る


20050614ec4c6b7d.jpg 我が家を建てる前は、植木のある家は憧れだった。

 そして、庭といえる広さがない我が家のまわりに、隙間がないように木々を植えたのである。
 ところが、剪定、駆除、肥料やり、それに、クモは張るし、思いの外たいへんなのである。植木は金食い虫と思っている。

 とはいえ、良いこともたくさんある。季節毎に、小鳥が飛んできてさえずり、愛らしい姿を見せてくれる。花が咲けばきれいな蝶が蜜を吸いにくる。フッと外に目をやった時、そんな光景に出合って、どんなに心を和ませてもらったことか。

 やはり、庭に植木は、リスクを考えても、欠かせないのかも。

(写真は、つつじの花に、アゲハチョウがヒラヒラと飛んできて、留まったところをパチリしたもの)

 

 
posted by hidamari at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・草木・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック