2005年06月20日

市販のウナギのかば焼きを豪華にする― ウナ玉ちらし


200506202b6ba494.jpgスーパーにウナギのかば焼きが、たくさん並びだした。

 ただ、お酒をふりかけてチンするだけでは、いかにも味気ない。せっかく、高いお金を出して買ってきたのなら、それなりに豪華に見せたい。

 市販のかば焼きも、柳川煮等、野菜と組み合わせれば、いろいろアレンジ出来るのである。
 私は昨日、かば焼きと炒り卵で、ちらしを作ってみた。

 すし酢(酢1/3カップ、砂糖大2、塩小2/3)をラップせずにレンジで40秒加熱しておく。調味料の割合はこれが1番美味しいと思っている。

 適当に切ったウナギをクッキングシートに広げて、炊飯器のご飯にのせる。フタをして、10分程蒸らして温める。(ウナ丼するにも、この方法が1番美味しいと思う)

 2〜3合のすし飯を作りウナギをざっくり混ぜる。さらに、塩もみしたきゅうり、炒り卵、のり、三つ葉、炒りゴマなど家にあるものを適当に入れ、切るように混ぜ合わせれば出来上がり。

 とっても簡単で、短時間で出来る1品である。

posted by hidamari at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック