2005年06月24日

好きな柄の風呂敷を鏡カバーに


200506248b6022c9.jpg 先ごろ、税制調査会から、個人所得税の抜本的な見直し論が、報告された。内容を見てあまりの策のなさにびっくりした。

 取りやすい所から、出来る限り、すくい取るというのだ。砂山を作り真ん中に棒を建て、周りから棒を倒さないように、砂を取っていく遊びを思い出した。

 こんなお手軽税制なら、あんなに偉い先生でなくとも、子供にだって出来るというしろものだ。

 いきなり、配偶者控除0円とは、家庭教育に重きを置くという、当時の政府の方針が変わったというのか。既に配偶者特別控除はなくなっているというのに。

 この報告のとおりになれば、日本を支える大事な担い手であるサラリーマンが、痩せ細り、行き着くところ、日本国もジリ貧になっていくのでは、と思うのだが。ここは、じっくり、考えてもらいたいと切に願っている。

(写真は、お土産に頂いた風呂敷を鏡カバーに作ったもの。ほんとうは、違う布でも継ぎ合せて、鏡に合わせて作るべき―手抜きの作品)

 
posted by hidamari at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 手芸・アイディア品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック