2005年07月01日

ワンピースの残り布を敷物に


20050701df762f72.jpg 私の散歩コースは昔の農道であるが、今では住宅が両側に建っていて生活道も兼ねている。
 でも、まだまだ、畑もたくさん残っているので、年中野菜が作られている。野菜の種類や、花、実を実際に見ることも、散歩の楽しみの1つである。

 その中で、私が常々不思議に思っているのが、季節毎に栽培されている各種の花が、最後まで収穫されないのがあることだ。

 その花が咲くまで、草取り、肥料やり、駆除と手をかけておられるのを見ているので、枯れるまで放ってあるのが、理解出来ないのだ。気をつけて見ているが、どの花もそうなのだ。

 畑で見るだけのために栽培されているというのは、相当花好きで、単なる趣味の1つだけなのだろうか。そんな畑がちょこちょこあるのが、私には気になって仕方がない。

(写真は、若い頃のワンピースの残り布で、作った敷物)

 
 
posted by hidamari at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 手芸・アイディア品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック