2005年08月02日

テディーベアー


200508023b96a43a.jpg このところ、雨が夜半に降ることが多く、庭の水かけには、多いに役立っている。

 でも、雷やイナビカリは、いくつになっても恐い。子供の頃は、訳も分からず、蚊帳の中に居れば、落ちても助かる、と信じていた。

 蚊帳の中に、父、母、姉妹3人全部揃っていると、安心だったし、何より、父が居てくれれば、何が起きても家族を守ってくれる、と信じていた。

 今、父に代わり、隣の布団には、夫がいてくれる。
 「あんた、元気で長生きしてよね!」

 姑も母も、晩年は1人で暮らしていた。こんな雷の鳴る夜は、どんな気持で、恐さを耐えていたのだろうか。
 
 姑、母、いつか私もと、女性の寂しい末路を思い巡らせ、涙がしみじみ出て、眠れない夜だったのである。

(写真は、ぬいぐるみ作り2時間講習で作ったテディーベアー。13センチ程の小さい物)
 
posted by hidamari at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 手芸・アイディア品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック