2005年08月13日

中国のローカル空港で買った日本人形


20050813c400310f.jpg※bV 出会い
 優しくて気丈だった祖母は、そんな父を心配し、西に東に奔走し、東筑紫野町の郵便局に就職先を見つけてくる。それまでの父は、日雇いなどしていたのだが、将来の活路をなかなか見出せないでいた。
 しかし、郵便局に勤め出すと(これからは、第2の人生として、家族のために生きよう)と思い始める。
 祖母に対して父は、すべてのことにおいて、ずっと感謝している。

 そのうちに、父の実家から50坪足らずの土地をもらい、バラックながらマイホームも建てた。そして母の実家の隣村にある今の地、筑紫村に、私たち一家は移り住んだのである。
 私は3歳になっていた。
 
 今では、そのバラックに継ぎ足して、階下が台所、居間、風呂、2階に子供部屋という間取りの1棟が増築されている。
 周りは農家で、昔ながらの大きな家ばかりの中では、ひときは貧弱ではあるが、狭いながらも楽しい我が家なのだ。
 父は、さらに新民法の恩恵もあり、近くに150坪程の畑を2ヶ所、実家から分けてもらっている。
 そこで、郵便局勤めのかたわら、家族が食べる野菜等を作って、食うに困らぬ、まあまあの生活を送っているのである。※8へ

(写真は、中国張家界空港の土産品売り場で買ったもの。中国の地方の土産品として、日本人形を日本人が買うのは不思議だった。ヨーロッパ人等、中国と日本の区別がつかない観光客相手の商品なのだろうか)
(上記小説は、カテゴリー小説[藪椿]で連載中)
posted by hidamari at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 [藪椿] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック