2005年12月23日

イチジク


イチジク.jpg 広告紙の効用
 洗髪は、夏の間は昼間にゆっくりとしていたが、寒くなるとおっくうになり、寝る前に入る風呂の時になってしまう。
 濡れたままの髪で寝るのは風邪をひくので、ドライヤーをかけなければならない。
 ところが、ドライヤーをかけると、髪がますますばさつくようで、それをやりたくない私は、苦肉の策をあみ出した。
 タオルで水気を拭き取り、手櫛でサッと髪を解き、首にタオルを巻きそのまま寝る。
 ただ、枕カバーの上にさらに広告紙を敷くのだ。
 エアコンを2時間タイマーにするので、そのうちに自然乾燥する。朝になるとドライヤーで乾かすより、艶が残り良い感じなのだ。
 広告紙を敷く時、バリバリと音がするので、その度に隣の布団で寝ている夫が、「うるさいなー」と怒るのが玉にきずなのだが。

(写真は、道端に植えてあるイチジク。毎日1個づつ熟す所から「一熱」→イチジクになったと言われるそうだ。漢字では「無花果」と書くのは花が無いのに実がなる所からだと言われるが、花は実の中にちゃんと咲いている。11月に撮ったもの)
posted by hidamari at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・草木・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック