2006年02月22日

春にふさわしい躍動する彫刻


躍動する彫刻と花.jpg※13
 啓介は、ネット前でのポジションの取り方、構え方、足の向き、ラケットの持ち方等、手取り足取り教えてくれる。ひざまずいて靴の向きを手で直してくれた時はさすがに、晴美は思わずのけぞってしまった。それ程の熱意に自分が応えられないのを、心苦しく思ったのである。
 晴美の気持ちを察した啓介は、
「最初からちゃんとしたフォームを覚えないと、後で直そうと思ってもなかなか直らないから、ちゃんとやるんだよ」と、めげずに指導する。
 晴美が啓介を ーホントに優しい人なんだなあー と心から感じた瞬間だった。
 しかし、指導を受けるのは、苦痛以外何ものでもなかった。もう限界だ、と思い始めた時、お昼のサイレンがなった。晴美は、フウーよかった助かったぁ、 と思った。
 「今日はこれくらいでいいよ。ウチで練習出来るんだよ。天上から紐を下げて、新聞紙を丸めて作ったボールを括り付けるんだ、それをボールにしてラケットに当てる練習、…これをちゃんとしたフォームでやるといいから」と、啓介は晴美に身振り手振りで説明した。新聞紙とセロテープで出来るボールの作り方もしっかり説明してくれる。
 晴美は「ハイ、…ハイ」と聞いてはいるが、心はうわの空だった。何と言って、何時、自分がテニスをやる気が全くないことを告げようかと、そのことばかり考えていたのだ。
 今日の明日、そのことを言うのは、あまりにも熱心に教えてくれた啓介に申訳なかった。
 その日は、仕方なく、ラケットとボール1個を自宅へ持ち帰ることになったのである。※14へ

(写真は、市民会館前の広場で撮ったもの)
(上記小説は、カテゴリー短編小説[茜雲]で連載中)
posted by hidamari at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説〔茜雲〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック