2006年06月12日

Aアジサイ


Aアジサイ.jpg 生活必需品の値上がり
 今、日本経済は長いデフレの中にあると思われるが、政府は、少し脱却の兆しが見えてきていると発表した。
 経済のことはよく分からないが、賃金、年金は下がる一方だし、貧富の格差がどんどん広がっていき、収入の面ではどう見ても、デフレそのものだと、私は実感している。

 ところが、スーパーへ行くと、生活必需品が知らないうちに値上がっているのに気がつく。
 牛乳、ヨーグルト、味噌、醤油、米、ビール、洗剤類、ペーパー類‥、微妙に値上がっているのだ。

 確かに衣類など、安いと思う物もあるが、絶対必要なガソリン、公共料金など、微妙に値上がりしているのは不安である。

 私は、ガソリンは日曜サービスを利用し、食料品は、パンの日、牛乳の日などと割引が設定される日に買うようにする。
 これだけでも、塵も積もれば…、で節約になるからだ。
 
 とにかく我々があまり気にしていないような、あらゆる小さなところでも、支払いは増やされ、収入は削られている。
 消費者はあらゆる所にアンテナを張り巡らして、情報をキャッチし、より安いものをゲットしなければ、生活費はどんどん上がっていく。
 とはいえ、私は、その情報キャッチに於いて、あまり自信はないのだが…。

(写真は、我が家の庭に咲いた薄紫のアジサイ)


posted by hidamari at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・草木・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック