2006年07月05日

小説〔喫茶店〕

5
 受付には髪をきりっとポニーテールにした、いかにもインストラクターと分かるコスチュームの女性が座っていた。
「いらっしゃいませ」と、言いながら、初めての方みたいですけど今日は何か…?というように、目で遙に語りかけた。
「あのおー、今日は見学だけしたいのですけど…」
「ああー、ハイ、分かりました。どうぞ中に長椅子がありますので。それからこれご案内のパンフレットです」と、冊子になったパンフレットを差し出した。
 ガラス戸のドアを開けて部屋に入ると、思ったより広くて明るかった。
 色とりどりのコスチュームで既にステップを練習している人々を見て、遙は愕然とした。
 男女とも中高年ばかりだったのだ。場違いの所に来てしまった、一時も早くこの場を立ち去りたかった。が、今来て直ぐに変えるというのは、やはり気が引ける。しばらく彼らのステップを見るともなしに見ていると、若い人も中にチラホラと居るのが分かってきた。
 なんだ、若い人もいるんだ、ちょっとほっとしながら、さらに1組のペアに目が行った瞬間、遙はそのペアに釘付けになった。
 中年の女性と軽やかにワルツを踊っているその男性が、どう見ても20代にしか見えない背の高いステキな男性だったのだ。
 この六島全体を探しても居そうにもない都会的な男性。しかも、遠目からは俳優の風間トオルをほうふつとさせるような面差しなのである。もともとこの六島に若い男性はめったにいないのに、この中高年の中に溶け込んでいる事態が不思議な光景だった。
 
 もらったパンフレットを慌てて開いて、教師一覧をチェックした。教師ではない。だとすれば、生徒か客に違いなかった。
 再びパンフレットに目を通した。入会金5千円、レッスンはチケット制とある。
 やはり入会の手続きをしようと、遙は思った。6へ

(上記小説は、カテゴリー短編小説〔喫茶店〕で連載中)

posted by hidamari at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説〔喫茶店〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック