2007年10月24日

小説・優しい背中

bU
 金曜日の夕方6時、小料理屋”みやび゛に主役の柴谷だけがまだ来ていなかった。
 その日、午後から柴谷は大手の問屋へ出向いたままオフィスへは、戻らなかったのだ。
 引き続きパーティーがあるが、そちらへ顔を出したら、すぐみやびへ向かうから、始めておくように、と電話があったらしく、荒井は涼しい顔で、さっさと宴会を始めた。
 絵里子は、嬉しそうにお酒を飲む荒井を見て、この男案外お酒飲むことだけが目的で歓迎会をやったのかもしれない、思った。
 絵里子は柴谷が来るまでなぜか落ち着かなかった。パーティーを退散してまで本当に来るのだろうかと思ったのだ。柴谷が来たのはそれから1時間くらいたっていた。荒井はすっかり出来上がっていた。山中や平林はさすがに柴谷が到着すると姿勢を正して改まって挨拶をした。
 荒井はバカ丁寧に柴谷を迎えた。
 絵里子はいつになく緊張していた。最後まで柴谷に対してはビジネスライクを通そうと思っていた。
 柴谷は「気を使わないで飲む酒はいいね。お偉いさんたちと飲む酒は味がしないよ」と言いながら、とても楽しそうに顔をほころばせた。絵里子にはそれがとても以外だった。それに仕事で見せる厳しい顔とは違い、肩の力を抜いた柴谷は、柔和な優しい目をしていた。
 荒井は妙にテンションが高かった。
 「大城さん、支局長にドンドンついで」と、絵里子に熱々の徳利を渡した。
 荒井の悪い癖だった。未だに女はお酌するものと思っている。そうすることによって、柴谷が喜ぶとでも思っているのだろう。結局、柴谷にゴマを擦っているのだ。
 絵里子は、仕方なくお酌した。
 しかし、その後の荒井からの指図は聞えないふりをした。
 その後、焼酎に移った。
 柴谷は、福岡の印象など雄弁だった。絵里子は意識的にニコニコと聞き役に徹した。荒井はしきりに相槌を打った。
 9時近くになり荒井がやっとお開きを宣言した。二次会の話は出なかった。bVへ

(上記は〈小説・優しい背中〉で連載中)

posted by hidamari at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説・優しい背中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック