2008年02月02日

歌詞

   初恋の丘
 木かげの道を通り過ぎれば
 そこはあなたとわたしの世界
 話すことばはポツリポツリ
 未来の夢は果てしなくつづく
 いま思うことは同じ
 ああー
 早く大人になりたい

 夕焼けの雲を見上げる丘は
 なぜか冷たい風が吹く
 話すことばは次から次へ
 心の中と反対ばかり
 いま思うことは別
 ああー
 あなたは都会へ行ってしまう

 悲しさこらえて山をみれば
 なぜかさびしい雪化粧
 話したいあなたは今どこ
 かえらない昔の気持
 いま思うことは夢
 ああー
 初恋はあわくはかない

 
posted by hidamari at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック