2008年05月09日

 別れの1本杉
 “泣けた 泣けた”で始まる歌謡曲
 昭和30年代に春日八郎が歌ってヒットした曲
 今夜久しぶりにテレビで聞きました
 しびれました

 私の昭和30年代は 
 両親姉妹との思い出がいっぱいです
 母は 末っ子の私を
 隣町の映画館へ よく連れていっていました
 「別れの1本杉」という映画
 内容は覚えていないのに 最後に流れたこの曲だけが
 鮮烈に記憶に残っているのです

 母と私は 
 泣けた〜泣けた〜と 
 歌いながら遠い道のりを
 家まで歩いて帰りました
 母はまだ若くてきれいだったし
 私はおかっぱ頭の子供でした
 
 遠い遠い昔のことが
 この歌とともに蘇ってきて
 ただ懐かしくて涙が出てくるのです
 
 

 
 
posted by hidamari at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック