2008年06月28日

歌詞

あなたは風
あなた色の風に誘われるまま
ララやって来た海
銀色の砂 なんでこんなに柔らかいの
素足にピタッとはまった星屑
どこまでも優しく私をいざなう
頬にまとわる長い髪かき上げながら
押されるように舞っている私
ララ私をどこへ連れて行こうというの

あなた色の風に誘われるまま
ララやって来た海
青い海 なんでこんなに甘く香るの
素足にピタッとはまった波しぶき
どこまでも優しく私をいざなう
足にまとわるスカートの裾持ち上げながら
包まれるように舞っている私
ララ私をどこへ連れて行こうというの

あなたの匂いがする風に身を任せ
どこまでもどこまでも
いざなわれて行きましょう
あなたは風 あなたは風
ララ私をどこへ連れて行こうというの

posted by hidamari at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック