2008年12月02日

サザンカとフウセントウワタ


サザンカとフウセンカズラ.jpg 月と星のコラボレーションでおりなすもの 
 昨日夕方6時頃、散歩の途中、西の空で輝いている上弦の月(三日月)に目を奪われた。
 それに側に2つの輝く星があった。
 三日月がこんなに美しいものとは、長年生きているのにあまり思ったことはない。
 あまりに美しかったので、ずっと見ながら歩いた。
 すると、星2つが目で、三日月が笑っている口に見えるのだ。
 それからというものずっと人が笑っているようにしか見えなかった。

 そして今日、同じような時刻に散歩した。
 昨日の笑顔に会えるかな、と期待したが、何と今日は泣き顔に変わっていた。
 昨日は星の右側にあった上弦の月が、今日は左側に大幅にずれていたのである。
 天体のことも、何も知らない私。
 あの輝く星は、木星と金星なのだろうか。

(写真は、スポーツセンターのロビーの花。八重のサザンカは花が小さくて、活け花にも適しているかも)
posted by hidamari at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・草木・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック