2009年06月25日

 雨傘
 昨日は梅雨らしい雨降りの1日
 夫はお仕事に傘をさして行った
 その傘はボロ傘
 きれいな真新しい傘はしまったまま
 失くしてもいいように
 夫も承知でさしていった
 くたびれ果てた傘

 しんどそうに雨に打たれている傘
 風が吹く度に
 糸が外れた布がヒラヒラと踊る
 なんか変
 いい傘はたくさんあるのに
 いっそのこと思い切って捨てようか
 今回限りでゴミにしよう
 
 今日は梅雨の合間の晴れ
 くたびれた傘を 一応影干しに
 その傘を見て
 捨てるはずのものなのに
 ふと修繕しようと思った

 外れた布を繕った
 骨はまだしっかりしていた
 捨てようと一時は思ったが
 貧乏性な私
 十分にまだ使える
 ていねいに畳んでしまった
 夫はどんな顔をするだろうか 
posted by hidamari at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック