2009年12月09日

 生きている意味
 私はなんで生きているの?
 晩年の母が、よく私に言っていたことばだ。
 そんなこと聞かれても、私には分からなかった。
 その頃、そんなこと考えたことがなかった。
 困った私は、とりあえず
 「お母さんがいなくなったら、私が悲しいから」とか、
 「来年の桜の花を見るため」とか応えておいた。
 もっと気のきいたことが言いたかったが、未だに分からないのだから、仕方ない。
 
 生きてる意味はなんだろう?
 最近、私も考えるようになった。
 生きているのは、
 人から必要とされているから?
 何らかの形で世の中のためになっているから?
 ということは、
 納税出来る経済力があるから?
 人に何かしら役に立つ労働をしているから?
 人に何かしら勇気を与えることをしているから?
 
 でも、もし、そのどれも当たらなかったら、人は生きている意味があるのだろうか。
 私はまだまだ生きたい。
 そして人の役に立ちたい。
 だから、今一生懸命頑張っている人がやたら羨ましい。
 私も、何か人の役にたつことをしたいなあ。
 そして、それで稼げたらいいなあ。
 そしたら納税だって出来るもん。
 そしたら生きている意味が分かるかしらん。
 
posted by hidamari at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック