2010年01月09日

諌江第一番札所(阿波国霊山寺)


第1番札所.jpg雪山の碑.jpg 好天に恵まれた今日、午後から一番札所をたずねようと思い立った。
 夫を誘うも、柔な夫は風邪をひいたらしく、思いっきりしかめっ面でうずくまったまま、返事もしない。
 帰りにルルドリンクを買ってくるから、と言って、私は、1人で出かけた。
 熱いお茶を入れた小さな魔法瓶とカメラ、ケータイを持参した。
 十分下調べをしたかいあって、直ぐに行き着くことが出来た。
 上山公園駐車場に車を置いて、上山登山口から登るとすぐの所に札所はあった。
 弘法様と一緒に、雪山和尚の仏像もあった。
 かわいそうな雪山さんの言い伝えが看板に書いてあったので、クリックすれば読むことが出来ると思って、カメラに収める。
 2人の仏像にお参りして、周りの景色を見ても、十分時間がある。
 思い切って上山登山をすることにした。
 頂上の展望台まで、1kmと標示してある。
 登山道は、整備されていて巾3mはある。
 辛いことはないが、人がいない。
 静まり返った山の中を1人で歩くのは、ちょっと心細い。
 頂上が見えた頃、やっと人に出会った。
 お祖父ちゃんとお孫さん3人連れだった。
 2言3言話した。
 何かホッとした。
 
 頂上の展望台で、私と同年代の御夫婦に会った。
 下界を眺めながらけっこう長くお話しした。
 多いに楽しかった。
 下山途中で、今度も私と同年代くらいの、登山のかっこうをした紳士に会った。
 挨拶だけした。
 1人でも、もう余裕だった。
 心細さは、もうすっかりなく、快感だけだった。
 駐車場がある公園まで下りてくると、さっきのお祖父ちゃんとお孫さんが鬼ごっこをしていた。
 さっきのおばちゃん、と言って、みんな優しくしてくれた。
 何かいい。
 お祖父ちゃんは、またまた私と同年代くらいの方。
 微笑ましい風景を見て、羨ましかった。
 猫が2匹うずくまっていた。
 日向ぼっこかしらん。
 何かいい。

(写真は、一番札所と雪山和尚の説明書きの看板) 
 
 
posted by hidamari at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 諌江八十八ヵ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック