2010年01月12日

諌江第三番札所(金泉寺)


第3番札所.jpg破篭井町山里.jpg長崎街道.jpg 





 10日(日曜日)に2番札所へ参ったあと、3番札所へも足を延した。
 事前に3番札所がごく近くにあることを、HPでチェックしていたからだ。
 付近までは簡単に行けるのだが、何しろ大師堂はたいてい山の中にある。
 どこに入り口があるのかが、容易には分からない。
 幸いにも、付近の畑の中で、若いお父さんと子供2人の親子が凧揚げをしていた。
 「3番札所はどこにありますか」と尋ねると、「あの山の中」とすぐ近くの山を指差した。
 HPの中で、Y口さん宅の石垣の横から山に入るとあったので、Y口さん宅を教えてもらった。
 山の中の道は、獣道だった。
 片側が、足を踏み外せば、自力では上がれないような崖になっていた。
 高い山ではなかったので、すぐ到着した。
 概ね山の裏側だった。
 そこは、小じんまりした広場になっていた。
 そこに、瓦屋根の小さなお堂があり、その中に穏やかなお顔のお大師様が鎮座なされていた。
 帰りがけには、凧揚げしていた親子の姿は消えていた。
 私のこと、心配して、待っていてくれるわけないよね…。

(写真は、第3札所と付近の景色と長崎街道分岐点。
 破篭井地区は平家の落人が住み着いた所。街道は近いが、奥まっていて静まりかえったいい山里である)
 
posted by hidamari at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 諌江八十八ヵ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック