2010年01月14日

諌江第四番札所(阿波国大日寺)


第4番札所への道.jpg第4番札所大日寺.jpg豚魂碑.jpg 






 昨晩まで降っていたと思われる雪は、今日は朝からすっかり止んでいて、太陽さえのぞいていた。
 夫は、年末31日に出勤していた分の代休だった。
 その夫、やけに機嫌がよく、私の散歩に付き合うという。
 で、今日は本明町にあるという第4番札所をたずねることにした。

 下調べをしていたので、概ね見当はつけていた。
 往復1時間半かかると予想した。
 雪はまだ溶けていない。
 雪道は濡れるし、山道は滑る危険がある。
 いつもより、かかとのある厚いスニーカーをはいた。
 夫もそれなりの深い靴を履いた。
 熱いお茶と、ポケットに菓子を少々入れ、カメラを持って出かける。

 雪景色の民家の中を、前河内川に沿って上っていった。
 見当はつけていても、山の入り口は、地元の人に聞かなければ、探すことは難しい。
 それが、困ったことに、川沿いにりっぱな家はずっと続いているのに、人がいない。
 家の周りにも、畑の中にも、道にも、人はいなかった。
 車にも会わなかった。
 仕方なく、自力で探すことに。
 山道を上がったり下ったりした。
 雪解けで、木から水がポタポタ落ちてくる。
 ここいら辺とは分かっているから、諦めることが出来ない。
 民家まで引き返して、チャイムを鳴らして尋ねるしかないと思った。
 1軒目は留守、2軒目のご主人が、快く教えてくれた。
 何と、さっき、つい足元まで行っていた所だった。
 自力でたどり着くことが出来たら、どんなに感激したことだろう。

 そこは絶景だった。
 そこから見降ろす街の雪景色も素晴らしかった。
 結局、自宅へ帰るまで2時間かかった。
 当初の予定より30分長くかかった。
 でも目的が達成出来て、どんなに快感だったことか。

(写真は、札所までの山道。石堂の中のお大師様。養豚業の方が多い地らしく豚魂碑もあった。あと、写真はアップしていないが、除蝗神の石碑もあった)
posted by hidamari at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 諌江八十八ヵ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック