2010年02月01日

古典教室最終日

 今日は、古典教室、今年度最後の日。
 朝から雨がひどかったが、そんな中きものを着て出かけた。
 10時から12時まで2時間を8回、16時間の講義だったが、私は皆勤した。
 それに、8回ともきものを着た。
 朝の短い時間で、きものを着るというのは意外と億劫になるものだが、こんな時しか着る機会がないと思い、最初に、きもので通すと自分に課していたのだ。
 それで無事果たすことが出来た。
 ただ、自分の姿を自分でカメラに収めることが出来ないのは、残念なことではある。

 昨年度まで、講義時間は30時間だった。
 減ったのは、これが市の予算で賄われる公民館講座だからだ。
 なので、いわゆる予算減ということである。
 来年度、開講されるかは分からないとのこと。
 今回の「枕草子」は、言うまでもなく全部終わったわけではない。
 来年度開講されれば、この続きをしよう、と先生は言ってくださった。
 出来れば来年度も、先生の講義を受けたい。
 他の生徒さんも、皆そう切望していた。
 一方では、微々たるものでも、この不景気の中、申し訳ないような気も。

posted by hidamari at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック