2010年02月12日

諌江第30番札所(土佐国安楽寺 ― 新道町弘法山)


第30番札所.jpg
 今日もまた1日遅れ、昨日(建国記念日)の話し。
 天気予報では終日雨。
 実際は、どんより曇っているものの、霧雨程度。気温高め。
 午前中は風が吹いていたが、午後からはそれも止んだ。
 そこで、1昨日最後に廻る予定だった30番札所をたずねることにした。
 雨が降りそうになったので、急きょ中止した所である。
 昨日だって、決して良いお天気じゃなかった。
 そんな日に、わざわざ出かけるのは、はばかられたが、1昨日巡れなかった無念さを払拭するために、この1ヶ所、どうしても消化しておきたかったのである。
 夫と2人、大きな傘を各自で持って、出かけたのであった。
 ネット上マップで、ある程度場所を把握していたので、あえてコピーしなかった。
 記憶していたつもりだったのに、やはり1回では探し当られなかった。
 が、次に目星を付けて目指した小山の頂上に、大師堂は、ひっそりと建っていた。
 いつも味わう快感体験なり。
 大師堂が置かれている小山は、だいたい弘法山と呼ばれているようだ。
 2番札所も弘法山にあったが、感じが、こことそっくりである。
 弘法山は各所にあり、その山中にある大師堂は、前が広場になっている所など、作りがよく似ている。
 昔は、村人が、祭りごとなどするため、ここに集ったのだろうか。
 昨日は運動公園駐車場を使った。
 そこから往復約50分程度の行程だった。
 帰りは、すっかり雨は上がっていた。

posted by hidamari at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 諌江八十八ヵ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック