2010年02月26日

古い夏物スーツA


古い夏物スーツA.jpg 浅田真央ちゃんのことが気になって仕方がなかった。
 1昨日のキムヨナ選手の演技を見て、残念だけど、真央ちゃんの逆転優勝は無理だと思っていた。
 だから、どこかでキムヨナ選手が失敗してくれたらいいなあ、と思っていた。
 ただ、これってあまり良い気持ちではなかった。
 こんなこと念じたら、返って真央ちゃんに災いが起きるようで、怖かった。
 それにしても、キムヨナ選手、敵ながらあっぱれな出来栄えだった。
 終始、流れるようなリズムが途切れることはなく、何の気負いもなく、完璧な仕上がりだった。
 その点、真央ちゃんは、張りつめた緊張感が怖いほどで、終始笑顔は見られなかった。
 コスチュームも赤と黒は強すぎた。
 曲と構成に合わせてあったのだろうが、元々彼女は、日本的な大人しい顔立ち、薄いピンク、スカイブルー、淡い藤色等がよく似合うと、私は思うのだが。
 それにデザインも、フリフリな西洋人形風ではなく、シンプルに身体にフイットしたものが似合う。
 手袋などはめずに、若々しい肌はうんと露出した方が良かったのでは。

 ……な〜んて、おばさんの勝手なたわ言、言ってしまいました。

 今日、2時からプールだったが、真央ちゃんの演技を見終わるまで、テレビの前を離れることが出来なかった。
 終わり早々駆けつけたが、10分遅刻してしまった。
 皆から、「オリンピック見てきたんでしょう」と言われた。
 それにしても、私以外遅れた人がいなかったとは…。
 皆も興味あるだろうに。
 私って、我がまま?
 ちょっと、自己嫌悪。

(写真は、概ね17年前のスーツ。お勤めしていた時代、殆どスーツを着ていたが、その中でも大事に着ていたもの。
 サイズ的には今でもOKだが、黄色は、さすがにもう着られない。
 さりとて、解くのはもったいないような。
 今、何にリフォームしようか考えているところである)

posted by hidamari at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 服装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック