2010年03月13日

諌江第31・32・33番札所


第31番札所.jpg札所第32番.jpg





第33番札所.jpg 土曜日天気曇り
 昨晩から朝方まで降っていた雨は止んで、どうやら今日1日はもてそうな空模様である。
 夫は、昨夜もパチンコをしてきたが、今日は札所巡りをするというので、昼頃から3ヵ所を予定して出かけた。
 マップでシミュレーションを一応したが、33番札所は、ゴルフ場の前というだけで目印が皆無の状態だった。
 探し当てられる自信が、いまいち、持てなかったが、当たって砕けろの気持ちで出かけた。
 31・32番札所がある小ヶ倉町は、平家の落人が住み着いたとされる場所、熊野神社を目印に探したが、鳥居も社も傍まで行かないと分からないほど、ひっそりとした地域だった。
 31番札所は、神社よりさらに奥の五堂山という小山の中に鎮座していた。
 32番札所も、寶満山という小山に、その石の大師堂はあった。
 2ヵ所とも私の好きな大師堂の形体であるが、なにしろとても探しにくい。
 ただ探し当てた時の喜びは格別である。
 33番札所は心配した通り、なかなか見つけることが出来なかった。
 ゴルフ場の回りを何回も行ったり来たりした。
 2軒の人家に立ち寄り、尋ねながら探した。
 山の中に入り、道なき道を分け入って行った先に、ぽっかりと広場があり、私好みの、石造りの大師堂を見つけた時は、ほんとうに嬉しかった。
 誰もかれも簡単に探し当てることは出来ないだろうと思った。
 今までの中で1番の難所だった。

 第31番札所(土佐国竹林寺 ― 小ヶ倉町城の尾)
 第32番札所(土佐国禅師峰寺 ― 小ヶ倉町寶満山)
 第33番札所(土佐国雪渓寺 ― 小ヶ倉町中鹿倉)
posted by hidamari at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 諌江八十八ヵ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック