2010年05月13日

街中バラの花だらけ


’10.5.13ご近所のバラ園.jpg 木曜日、天気晴れ
 お天気はいいものの、半袖では寒いような、太陽が恋しいような…
今日はそんな肌寒い1日だった。
 我が家の2階からは、道を挟んだ3軒のお宅の庭が見渡せる。
 いつの間にか、どのお宅も、ツツジが終わって、今やバラの花が咲き誇っている。
 垣根からすっと伸びた枝に堂々と咲いている気品あふれる大輪の花も、花壇から垂れ下がった枝葉に散りばめられた小輪の野バラも、それはそれは美しい。
 1年中で団地が1番艶やかに彩られるのは、やっぱバラの季節の5月でしょう、と思ったことだ。

 ということで、毎年見せて頂くお宅のバラ園を観賞させてもらいに行く。
 歩いて10分くらいの所にあるそのバラ園はある。
 そこへたどり着く間にも、道すがらのお宅の庭に、夫々きれいなバラが咲いていた。

 今、日本の経済は疲弊し切っている。
 しかし、こう家々の庭がきれいだと、ここでは、そんなことどこ吹く風!と思ってしまう。
 でもやはり、一方では、バラの花より食パンを、という人たちもいるのは、確かなことである。
 バラの花を眺めながら、ふとせつなくなったのは、やっぱ1人で観賞したせいかしらん。

posted by hidamari at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック