2010年07月07日

 七夕
 考えてみれば七夕を「タナバタ」とはどう考えても読めない。
 小さい頃から、馴染んでいる字だから、字面で覚えているだけ。
 最近こんな誰でも知っていることが、やたら不思議に思える。
 5歳児が何でもかんでも「なぜ?なぜ?」と、聞くのと似ている。
 今まで当たり前のこととして知っていたことが、
 ふっと初めて知ったような錯覚に陥るのだ。
 これって、脳が退化しているのかしらん。
 今日七夕の日に
 私は、私自身について、そんなうら哀しい発見をした。
posted by hidamari at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック