2010年11月30日

サバの淡煮


サバの淡マ.jpg <材料> サバ(切り身)4枚  塩適量  白ネギ1本 シイタケ4枚 豆腐1/2丁 ユズ
 A(水カップ3 薄口しょう油大2・1/2)
<作り方>@サバの切り身に塩をして30分間置く。熱湯に入れ霜降りをして冷水に取り、軽く洗い塩分や汚れを取る。
Aネギは5pの長さに切る。シイタケは軸を取る。豆腐は4等分に切る。
B鍋にAを入れ@Aを入れて中火にかける。沸いてきたらアクをすくい取り、火を止め、器に盛りユズの皮を千切りにして添える。
(NHKTV番組で教わった料理。これなら煮物でも胸やけしなかった。ただ、豆腐、ユズは切らしていたため使っていない)

 我が町内会・地区公民館の新築工事が着々と進んでいるさなか、備品購入費に充てるという名目の寄付金募集袋が配付された。
 1口千円とあるが、さて何口すればいいのか分からない。
 散歩で行き交う人がたくさんいるので、今日そんな人たちに聞いてみようと思った。
 ところが、今日の散歩で、知った人に会うことはなかった。
 わざわざ会えそうな畑道を歩いたが、こんな時に限って、畑へ出ている人もいなかった。
 ただ、新築工事をやっている敷地の側を通ったら、ちょうど大工さんたちの休憩時間に出くわした。
 4〜5人いた全ての人が座り込んで、めいめいもくもくとケイタイを押していた。
 異様な光景だった。
 一昔前までは円座になってお茶しながら、おしゃべりしている和やかな姿を見かけたものだが、今ではケイタイが、休憩時間の風物詩になったのかも。

posted by hidamari at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック