2011年03月15日

有事の時に現れる真の姿

 日本は今、正に有事の時。
 いろいろシミュレーションはしていたはずなのに、その時になったら、なかなかその通りにはいかないのだ、ということがよく分かる、今回の大災害である。
 政府や東電のうろたえぶりは、国民の方が、もっと落ち着いて、と言いたいほどだ。
 総理や官房長官は、おそらく不眠不休で指揮に携わっておられるのだろう。
 総理が東電の幹部に対して、声を荒げて叱責したとあったが、気持ちは分かるが、指揮を取る人が感情的になっては返って逆効果になるのでは。
 石原都知事のように、天災を、人間の行いのせいにするような、そして我が国のことなのにまるで他国のことのように考えている不遜な人は、言語道断だが、総理にはもう少し、落ち着いて冷静な言動をしてもらいたい。
 「命が亡くなっても、原子炉を守るように」と、現場の作業員に指示を出したとか。
 ある学者が、いざとなったら、人がバケツででも水を入れて燃料棒を冷やし続けなければ、最悪になりかねない、と語っていた。
 ということは、そこに何人かの犠牲者が出ても仕方ないということだ。
 総理は、それくらいの覚悟を持って、ことに当たってくれと言いたいのだろう。
 さて、東電の現場の作業員は、原子炉が破壊されようとする正に有事の時、その覚悟があるのだろうか。
 もし、彼らが無意識に逃げ出した時、我々はそれを責められるのか…。
 そんな事態にならないことを祈る。

 今日は、何だか落ち着かず、実家の墓参りに行った。
 「父さんたちは、戦争という悲惨な時代を乗り越えてきたけど、今日本は、それに匹敵するくらいの悲惨なことが起きているよ。最後が良い時代だった父さんたちが幸せだったかもね」。
 帰りに姉の所へ寄り、「子供の頃が1番楽しかったね」と、語りあったことだった。

posted by hidamari at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック