2011年04月01日

花まつり


花祭り店内.jpgミニ講習会.jpg 園芸専門店が年1回この時期に4日間開く花まつり。
 店内には、色とりどりの草花、木花の苗や、野菜の苗が豊富に並べられ、満を持していっせいに売り出される。
 また、農具の出店や、飲食店や食品の出張販売店等も開設されている。
 私のお目当ては、野菜作りのミニ講座である。
 朝10時から15時30分まで、30分1コマで野菜10種類の講座が設定されている。
 私は、ニガウリ、ナス、トマト、キュウリ、スイカ、ピーマン、ペチュニア(花)、カボチャの8種類、中に昼食を出店で取り、計4時間講座を受け続けた。
 床がセメントの開け放たれた会場は、とても寒く、足の痛みと腰の痛みを心配しながらの長丁場だった。
 各大手、種会社の若い社員が、入れ替わり立ち替わり講師になった。
 何でも極めている人は、かっこいい。
 野菜作りも結局は、丁寧に、きめ細やかに手を入れなければ、収穫には繋がらないのだ。
 手塩にかけて作った野菜の廃棄処分を余儀なくされた、福島、農家の人の無念さを思った。
 
 ミニトマト、ナス、カボチャ、キュウリの苗を買って帰った。

posted by hidamari at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック