2011年05月05日

昔のミニスカートを…

昔のミニスカートをスパッツの上に重ね着したもの.jpg
 2度と着ることはないと思っても、何となく捨てることもなく、さりとて、他に作り直す程の良いものではないというような服があるものだ。
 ところが最近私は、パンツの上にスカートをはいているのが流行っていることに目をつけた。
 若い人はもちろん、中年の人もそんな風なかっこうを平気でしているのだ。これは今やファッションなのだと思った。
 ヒップやお腹を隠すのにもいい。
 ミニスカートなら、タンスに数枚も眠っている。よし、私も試しにやってみようと思った。

 という訳で、今日、思い切ってスパッツの上にコールテンのスカートをはいてみた次第である。
 これからは、薄手のミニスカートもどんどん活用したいと思っている。捨てなくてよかった。
 (写真は、今日小浜温泉へ行った時、スパッツの上にミニスカートを重ね着したもの)

 足が痛いのは相変わらずで、特に明け方の痛さが増しているようで、不安は募る。
 今日は子供の日でお天気もいい。
 孫がいない私たちは行楽地へ行くのもはばかられるが、足湯につかれば、少しは足の痛さが緩和されるかなあと思い、夫に付き合ってもらい小浜温泉へ出かけた。
 途中、温泉蒸しするための卵と、お昼用のお弁当を買った。
 足湯のある公園は、駐車場も、温泉蒸し釜も順番待ちの盛況だった。
 私はそんなのはちっとも苦にならない。むしろ、人間ウォッチが出来て楽しいばかりである。
 白人混血の子供たちも、ちらほらいて、彼らは洋画を見るようにかわいらしい。
 岸壁沿いではライブ演奏やカラオケを賑やかにやっていた。
 私たちは、無事、蒸し卵6個も手にし、足湯にも30分浸かった。
 その後、木陰でお弁当と蒸し卵を頬ばった。
 
 復路の途中、海産物屋で干物やワカメを買い、ケーキ屋さんで美味しいと評判の千々石ロールを買った。
 足湯の効果はさておき、ストレスは少し解消されたかも。

posted by hidamari at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 服装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック