2011年05月31日

再生固形ファンデーション

再生固形ファンデーション.jpg 既に、チューブ入りの、歯磨き化粧品食料品等は、全て終盤、2つに切って使い切っているところである。
 これに加えて私がいま1つ節約術を駆使しているものがある。
 それは、固形ファンデーションである。
 実は、ちょっと前までは、この固形ファンデーション、真ん中に底が見え出すと4隅に残った塊が、スポンジパフでは取り切れなく、泣く泣く捨ててしまっていたのだ。
 ずっとそれがもったいないと思っていた。
 それで、思いついた方法がこれだ。
 4隅の塊をまず爪楊枝でほぐす。次に綿棒で粉状になるまで潰す。すると何と全体の1/3くらいの量にはなる。それを再び平らに戻し、サランラップで押さえつける。
 こうするとダマにならず、スポンジパフにも馴染んで普通に使えるのである。
 サランラップを厚めに折ってしっかり押さえておけば、携帯も出来ると思うが、自宅で使用するだけにしておいた方が無難かもしれない。
 何より快感なのは、使い切る達成感である。

posted by hidamari at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック