2011年06月16日

断捨離(だんしゃり)とは…

 料理教室のYさんが、イギリス旅行のみやげ話でしてくれたはなし。
 これは、日本のやましたひでこさんが提唱する生活術だそうだ。
 また、この言葉は、彼女が登録商標しているということ。
 今、この断捨離というのが、社会に浸透しているというが、私は初めて聞く言葉だった。
 ただ、「終い支度」とか、「シンプルライフ」とかは、マイブームで常に気にかけていることだ。
 これが今海外でもブームなら、私だけでなく、日本だけでなく、世界までもが、今や生命の末期的症状ではないかと思えるのである。
 だって、こんなことを考えるのは、決して若い人ではないし、発展途上にある人ではないだろうから。
 自分の人生がもう長くないと分かる時、人は初めて断捨離を考えるのではないか。
 まあ、ちょっと極端すぎるが、でも、人類もいつかは滅亡する時がくるかもしれない。
 その時こそ、このことを断行して、立つ鳥跡を濁さず(放射能とか地雷とか撤去して)が出来るか…。
 ちなみに
 断=入ってくるものを断つ
 捨=家にずっとある要らない物を捨てる
 離=物への執着から離れる

posted by hidamari at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック