2011年09月07日

米の虫退治

 日差しは強いものの、何となく夏の暑さとは違う過ごしやすい今日の天気だった。
 そんな晴れの日の今日、ライサーに入れていた米を金網ボールに出して、外で天日干しした。
 米に虫が湧いていたのを退治するためである。
 しばらくすると、熱さに耐えきれず黒い虫がゾクゾク出てきた。これは蛾の幼虫か。
 虫の動きを観察すると、自力でボールの外へ出てくる。でも、どうしてもボールの縁をクリアできないで、何度も挑戦し続けているドジなヤツもいる。
 私は、それをじっと見ていて、ヤツらにも格差があるのだな、と思った。
 もちろん、どちらにも私は容赦しない。片っ端から、靴で潰していく。
 しかし、ずっと付いている訳にもいかない。4時間ほど天日干ししたら、虫は全部消えていた。どこかで生きているのか、はたまた、熱さで死ぬのか餓死するのか定かではない。
 ライサーはきれいに拭きとって天日干しした。これには、新たに精米した米を入れた。
 天日干しした米は3合ずつビニール袋に入れて冷蔵庫にしまった。
 10月には新米が買えるのに、我が家にはまだ玄米の買い置きが60キロ残っている。
 昨年見込み違いでたくさん買ってしまったみたい。
 はて、どうしたものか、思案中である。

posted by hidamari at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック