2011年10月09日

昨日のピーマンの収穫

’11.10.8ピーマンの収穫.jpg 昨日午後4時頃から畑へ行った。
 大根の間引きと、土耕しと、ピーマンを収穫するためだった。
 インゲン豆の種があったので、時期外れだと思ったが、1列だけ畝を作り撒いた。
 まず芽が出るか?ダメ元でいいと、気楽に考えている。
 大根は3回に分けて種を撒いたので、1回目に撒いたのは、もうだいぶん葉っぱが大きくなっていた。
 2種類の、葉の形が違っているのがはっきり分かってきた。
 今回もまたピーマンはどっさり収穫出来た。
 
 作業は日没までした。
 夫が、夕食はうどんでいいよ、と言ってくれたので久しぶりに丸亀うどんへ寄った。
 そこで、ショックな事故に遭遇した。

 食事が終って駐車場へ出た時、ドッスーン!とすごい音とともに真っ赤なプレリュードが、仕切りの ブロックを壊して駐車場に飛び込んできたのだ。
 唖然として見ていると、いったんバックしたその車、また違うブロックへ突進してきた。

 要するに、その車は走行方向と反対側にある丸亀うどんに入りたくて、車止めブロックが切れている 歩道に乗り入れ、駐車場に入ろうとしたが、駐車場にはあいにく仕切りのブロックがあったのだ。運 転者にはそれが分からなかったのではないか。
 駐車場は、入口と出口が両端にある。その前の歩道を挟んで国道が通っている。国道と歩道の間には車止めが設置されているが、切れている箇所が駐車場の入口と出口以外の中ほどにもあった。
 この店に初めて寄る運転者は、夜でよく見えないこともあり、車止めが切れているそこは駐車場にもすんなり入れると思ったのだろう。
 そうではなかったことで、パニックになり(何しろ車は横向きになって、道路を遮った形になり、たちまち渋滞してしまったから)、2度もぶつけてしまった。
 その高級新車のフロントは、メチャクチャ、ブロックは吹っ飛んでしまった。
 中年のご夫婦だったが、心中を察すると、とても気の毒で見ていられなかった。
 お腹空いて、無理をして反対側にあるこのお店に入ろうとされたのだろうに、うどんはどうなるのだろう、とふと思った。
 私まで落ち込んでしまった、日暮れラッシュ時の、事故との遭遇だった。
 ※教訓 どんなことがあろうと、反対車線側にあるお店には入らぬこと。まず無理でしょう。

posted by hidamari at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 農作業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック