2011年11月07日

私がいよいよ決断したことB

 補聴器が出来上がってから10日以上たつ。
 今「なんだかなあ〜」という感じである。
 注文の段階でも、これでいいのかなあ〜、と正直思っていた。
 例えば白内障の人が手術したら、世の中が変わったようだ、と言っているのを聞いたことがある。
 補聴器を入れたら、そんな感じになるのかなあ、と思わなかったといえば嘘になる。
 少なからず期待した。
 でも、そんなに甘くはなかった。
 はっきりいって、電子マイクを耳に入れただけのこと。
 金属音はすごい。7割の音量にしてあるが、響く音はストレスが限界になる。
 慣れることで緩和されると思って我慢して入れてみるが、そのうちに頭痛、肩こりが耐えられない。
 それに、入れても入れなくても聞こえ方は変わらないような気がしてきた。
 いつでも調整に行っていいのだが、これが、なかなか足がむかない。
 片耳25万円の補聴器とは、こんなものなのかなあ、と思ったりするから。
 もうちょっと、様子をみようと思っている。
 1日8時間つけるのは無理、せいぜい1時間〜2時間。
 家に居る時は全く付けない。
 この先どうなるのかなあ〜。(この段いったん終わり)

posted by hidamari at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック