2011年11月24日

腑に落ちないこと

 市が行う特定健診を受けに、11月の頭にかかりつけの病院へ行った。
 その日の一連の健診では異常なしと言われ、翌日出た血液検査の結果も異常がなかった。
 ところが、今週初めになって病院から電話があり、胸部X線にちょっと影があるから、総合病院でCTスキャンを取るようにとの連絡が入った。
 そして、CTスキャンの予約が取れたので紹介状を取りに来るようにとの指示があった。
 その段階でも、私は「何で?」とちょっと疑問を持った。
 X線に関しては、主治医の先生から、「少し影がありますが、これは長年同じで、変化がないから問題ないでしょう」と言われていたからである。
 でも、先生も念のため専門医へ回されるのだろう、とそのことはまあ納得した。
 さっそく紹介状をもらいに行くと、代金750円也だった。そこで署名させられたのは、私の検査データ―をオンラインで総合病院へも送るというものだった。
 さらにエックス線のフイルム過去2年分を持たされた。
 さて、今日、9時30分予約で、9時まで受付を済ますように指示されたが、慎重な私は8時半に病院へ入った。
 9時過ぎに、体温、体重、身長、血圧を看護師さんが測ってくれた。その後、名前を呼ばれたのは10時半。
 最初に血液検査(45分結果待ち)、次にX線撮影、その後やっと本命のCT撮影(待ち時間を入れて15分)だった。
 それから、先生の診察を受けるまで待つこと約1時間、面談10分殆どパソコン入力のみ、会計が終ったのは午後1時半を過ぎていた。

 私が腑に落ちなかったことは、CT撮影だけと思っていったのに、オンラインで内容は分かるはずなのに血液検査、フイルムを持っていったにも関わらず、X線撮影、をされたことだ。
 何のためのオンライン化なのだろうか。そもそもCT撮影だけの依頼なのに、そんな検査必要なのだろうか。
 今日の代金締めて9500円だった。検査は、何かただお金目的のような気がしてならない。

 CTスキャンの結果は、思っていたとおり何ということはなかった。

posted by hidamari at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック