2012年03月11日

3.11東日本大震災1周年追悼式

 早いようにも遅いようにも感じたこの1年だった。
 昨年は金曜日の午後だった。
 私はプールへ行くべく、カーラジオを聞きながら車を運転していた。
 午後1時過ぎの往路では、東北地域で頻繁に地震が起きているという、臨時ニュースが入っていた。
 今回はかなり大きな地震がくるのではと、ちらっと頭をかすめた。
 午後3時半過ぎ、復路のカーラジオでは、通常番組を中止して特別ニュースでしきりに地震や津波の状況を放送していた。
 やっぱり、かなり大きな地震があったんだ、と思った。
 家に帰り、状況をテレビで見ようとスイッチを入れた。
 映像には、驚くべき情景が映し出されていた。
 車が続々と波に飲まれていた。
 これ何、CG?それとも模型?えっ事実なの!
 そのうちに家々も洗うように流されていった。

 誰がどこから撮っているのだろうと思った。
 たぶんヘリからだろうと思ったが、ということは、予め予想して、ヘリを飛ばして待機していたの?とそんなことを考えた。
 人間て、残酷なんだなあ、と思ったことだった。
 後に原発事故が起きていたことを知った。
 これは、誰も中の様子を映し出してはくれなかった。
 人間て、勝手なのだなあ、と思った。

 今日の式典での天皇陛下のお言葉は、具体的な内容の、心のこもったものだった。
 総理のことばは、復興責任者としては仕方のないところだが、通り一遍の儀礼的なものだった。
 式典が始まって、私が1番目を見張ったのは、皇后陛下の和装の喪服姿だった。
 今まで和装の喪服姿を見たことがなかったので、皇室の喪の正装は洋装だと、ばかり思っていた。
 胸の紋は菊ではなく白に見えたが定かではない。白糸の菊の刺繍だったかも。
 皇后陛下の喪服姿はとても美しかった。
 それに、なぜか庶民的に見えたのは私だけか。
 見識者が、そのことについて、いろいろ意見を言わないように、祈っています。
 庶民に寄り添って下さるのはいいことです。

posted by hidamari at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック