2012年06月24日

夫の北海道旅行

 夫が2泊3日の北海道旅行(元職場関係者との懇親会)から夕方無事帰ってきた。
 無事にというのは、この大雨の悪天候の中だったからである。
 この旅行のお膳立ては、4月末から私がJAL楽パックでチケットを取ったり、ホテルを予約したりした。
 また、観光プランやおみやげ品のリストまで作ってやった。
 ところが行く2〜3日前になって、台風や大雨の情報で、私の頭はフル回転した。
 博多から新千歳までは飛行機は飛ぶだろうと予想されたが、長崎から博多までの特急かもめの運行が危ぶまれたからだ。
 なぜなら、荒天気になるとすぐ運休するアクシデントは、決して珍しくないからである。
 そうなると、その飛行機に確実に乗るためには、前日から博多に泊まらなければならないのだ。(ふつうは朝の早い時刻のかもめに乗れば、当日行って十分間に合うから)。
 運よく前日夕方には雨が小降りになった。これでかもめはダイヤ通りに運行すると思った。
 私が作った行程通りに行動した夫は、その日の3時過ぎホテルに着いたと、さっそく電話をくれた。
 さて、3日目の今日帰路においても、博多からの鉄路が鬼門だった。
 昨晩の大雨で肥前山口〜鹿島あたりで土砂崩れがあり、案の定かもめは運休したのだ。
 夕方までには復旧するだろうと思ったが、もしものことを考え、高速バスの時刻表や乗り場をネットで確認した。
 始発は全て博多駅だが、一部福岡空港経由のダイヤもあった。
 高速バスに乗るなら、何も博多駅まで行く必要はない。
 しかし、復旧するなら、帰りのチケットもゲットしているので、かもめがいいに決まっている。
 両方の時間は互いにひっ迫している。
 ドキドキだったが、夫が福岡空港に着いた午後5時前には、復旧作業も完了してかもめが運行を開始した。
 夫とケイタイで連絡を取りながらの綱渡り行程だった。
 博多発17:15かもめに無事乗ることが出来たと、夫から電話を受けホッとする。
 あっという間の2泊3日だった。
 私の行程表通りに動いた夫の今度の旅行、旭山動物園にこそ行けなかったが、まるで私も同行したように疲れてしまったのである。

posted by hidamari at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック