2012年07月25日

鰻を食べた日

 今年の土用丑の日は27日だとか。
 それを待たずに、2〜3日前から、私はむしょうにうなぎが食べたくなっていた。
 夫に再三「食べに行こう」と促すが、「俺は、うなぎは好かん」と聞く耳を持たない。
 私も別に好物とまではいかないのであるが…
 ただ、せっかく近くに有名老舗うなぎ屋さんがあるのだから、1年に1度この時期に、うなぎ屋さんへ出向き、うなぎを食べると決めているのである。
 だって、この先2人とももうそうは長くない。きっと、うなぎ等食べたくても、身体が受け付けない日が くることは間違いない。美味しく食べられる間に食べておきたいではないか。
 夫はなかなか「うん」とは言わないが、毎年何とか嫌といえない状況を作って連れ出すことに成功している。
 今日その日がやってきた。
 夫が朝から家の中をごそごそ掃除していた時のこと、買ったばかりのメガネを、タンスの角にぶつけたとかで、またフレームを壊してしまったのだ。
 シュンとした夫、「今からメガネ屋さんへ行って、フレームを替えてもらってくるから、お金をくれ」と、申し訳なさそうに私に頼んできた。
 この時とばかり私、「じゃあ、今夜はうなぎを食べに行くからね」と、有無を言わさず約束させた。
 という訳で、今年も無事、うなぎのかば焼き定食を食べることが出来た次第である。
 夫は「美味しい、美味しい」といって、ペロリと完食した。
 私はとっくにお見通しである。
 夫は、実は私よりうんとうなぎが好きということを。
 ただ、かしこまって2人だけで行く外食が嫌いなだけなのだ。
 ちなみに、メガネのフレームは、今回もサービスで只だったとのこと。

posted by hidamari at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック