2012年07月29日

フルカバーホースリール

 昨日の土曜日、夫は、囲碁の定例会に出席した。
 対戦を始める前に、会員皆で会場である公民館の庭木の剪定と草むしりがあったとか。
 夫は、汗をかく覚悟で着替えを持参した。
 朝、送っていった時は、うっそうとしていた公民館の周りが、夕方迎えにいった時は、すっきりと様変わりしていた。
 老人は真面目な上に器用なのだと、ほとほと感心した。
 ちなみに、夫の昨日の成績は2位。賞金1,000円ゲット。
 という訳で、昨日夫はすこぶる上機嫌だったのに、
 今日夫は、新しく購入したフルカバーホースリールを蛇口に取り付ける作業をして、うまくいかず、多いに憤慨し、すこぶる不機嫌だったのである。
 私も手伝った。
 説明書を読んで、2人で知恵を寄せ合って正しく取り付けているはずなのに、噴射口での水の勢いがない。
 蛇口への取り付けはうまくいって、水漏れはない。だが片方をホースリールへの取り付けると、水が逆流して蛇口のまわりで水漏れするのだ。
 午前中ずっと、ホースリールと格闘するも成功せず、とうとう諦めた次第である。
 メーカーに電話して、指示を仰ぐことに。
 説明書と同じ返答。結局部品を取り換えて貰うことになった。
 でも、これって欠陥商品ではないの?
 どうみても、ホースリールの穴、小さいもの。
 それとも、老夫婦の私たちが不器用なの?
 老人にも器用、不器用があるから。
 取り敢えず、部品を取り換えて、もう1度チャレンジはしてみるが、私には、どうしても欠陥商品としか思えない。
 これには私も、気分がすっきりせず、とても不愉快なことだったのである。
 ※この段、部品到着後につづく

posted by hidamari at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック