2012年08月10日

ミニトマトの食べ方考

 ミデイトマトとミニトマトを1本づつ植えたのが、生育がよかったのか、今年は、畑へ行く度にどっさり収穫出来たのであるが…
 ご近所や友人、姉たちにおすそわけしても、次から次になるので、目下のところ我が家はトマト三昧の毎日を送っている。
 もちろん冷凍もしている。
 冷凍庫には、他にこの春収穫したエンドウマメもいっぱい入っているので、入りきれない状態である。
 で、生で1番の消費量を稼げるジュースに心が動く。
 しかし1回作ってみた時、使った後のジューサー洗浄が、ことのほかめんどうで、早々に根を上げた所である。
 今日、夫に、トマトはどんな食べ方が好きか聞いてみた。
 言下に、ジュース、という返事。
 それならやるしかないと覚悟を決め、トマト500g分のジュース作った。
 ここで新たな発見があった。
 ジュース作りは意外と簡単なことが分かったのである。
 第一に、皮をむかなくていいこと。
 洗ってカットしてジューサーにかければ、後は砂糖もレモンもいらないし、煮る必要もない。
 ジャムと比べて経済的にもいいし、栄養価も高いかも。
 それに問題だった洗浄も、汚れは流水で簡単に落ちる。ただ、金網の所は、専用のブラシを使わなければならないが、それもそんなにたいへんなことではない。後片付けの組み立てに至っては、返ってその込み入った作業が楽しいくらいである。
 ちなみにトマト500gで、大きなコップ2杯分位のジュースが出来る。
 
 トマトをお味噌汁に入れも美味しいというのを、以前、はなまるマーケットで教わった。
 それを思い出したので、冷凍したミニトマトを、流水で皮をむき半分に切って、ナスとカボチャの味噌汁に浮かべた。
 私はイケルと思ったが、夫は「俺はトマトはいらない」、と言った。単なる喰わず嫌い…。
 そういえば、当時はなまるにレギュラー出演されていた千秋さんが、旦那さんだった遠藤さんにトマトの味噌汁を食べさせたことも一因して、夫婦仲が悪くなったとかいう話を、巷の噂で聞いた。
 これって、遠藤さんの味覚の問題で、千秋さんの、料理のセンスのせいじゃないと思うのだが。
 私が今日トマトの味噌汁を食べて、ふと思ったことだった。

posted by hidamari at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック