2012年08月15日

隣接マイ土地草むしり

マイ隣接畑地.jpg

 秋野菜を植えるのに間に合うように、建設業者に発注している土地の草根処理と深耕は、お盆過ぎになるとのこと。
 今草が生えている土地が気になって仕方ない私。
 一刻も早く畑仕事がしたいのだ。
 夫は、業者に頼んでいるのだから、俺は草むしりなんかしないし、私にもするな、という。
 でも私は考えるのだ。
 健康のため毎日散歩して汗をかいているのなら、むしろ、草むしりをして汗をかく方が合理的ではないかと。
 そうだ、ためになる草むしりをしよう!
 頼んでいたっていいじゃない。業者さんにボランティアしたと思えばいい。自分の土地だもの、誰に気兼ねがいるだろう、夫の言うことなど聞いてはいられない。
 そう、思った。
 で、1昨日からやり始めた。いつも散歩に出る午後7時から約1時間を当てた。もちろん、夕食の支度はしているので、夫は1人でもくもくと夕食を食べているはずである。
 私が、散歩ではなく草むしりをしたことは、翌朝には当然ばれたが、そこまで草むしりが好きなら自由にやればいい、と呆れられた次第である。
 住宅用分譲用地なのに、大きな山石が埋まっていたりして、なかなか捗らないが、これがなかなか楽しいのである。
 1時間すれば、汗はサウナ状態、その後のシャワーはとても気持ちいい。
 ほんとうに草むしりが身体にいいとするなら、一石二鳥とは、まさにこのことなのだが…。

(写真は、3日間で草をむしった部分。全体は54坪。そのうちに業者さんが来てくれるはず)

posted by hidamari at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック