2012年08月17日

隣接マイ土地草むしりA

埋まっている大石.jpg

 夕方6時半から7時半まで1時間、草むしりをした。
 日没がだんだん早くなるので、夕食の支度は5時から始める。
 食卓にならべてから、やおら私は野良着に着替えて、草むしりを始める。
 電動虫除け器を首にかけ、網帽子をかぶり、タオルを首に巻き、完全武装する。
 始めるとすぐ汗が滝のように出る。
 でもそれはもう気にならない。
 もくもくと草を取るだけ。
 時々埋まった石に草取り鎌が当たる。
 すると、その石を掘りだすのに必死になる。
 掘りだしに成功すると気持ちいい。
 特にその石が大きかったりすると、より達成感があり気持ち良さも倍増する。
 ところが、想定外の大きさの石に突き当たった。
 何とか全体像が現わすことが出来ても、もはや動かすことは出来ない。
 諦めて次に進むまで長い時間をかけてしまった。
 草むしりは楽しいが、鎌を握りしめるため、指に豆ができたり、腕や腰や足がだんだん痛くなったりする。
 身体に支障がこないか少々不安ではあるが、業者さんが来てくれるまで、きっと私は頑張るだろう。

posted by hidamari at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック