2012年10月05日

夫の掃除癖

 夫は、家中の雨戸洗いと網戸の張り替えを、この1週間ずっとして、やっと仕終えた。その間、畑仕事もしたので、腕や腰が痛いといってずっとしかめている。
 私は、夫がしかめているのがイヤなので、そんなにきついのなら、労働しなくていいよ、と今、再三言っているところだ。
 
 今日は私のプールの日。
 夫に「ゆっくり家で休んでいてね」と、言って昼頃から出かけた。
 午後4時頃帰ってくると、夫は、庭で何かゴソゴソやっている。
 見ると、私が大事に育てているボケの木を掘り上げている。
 びっくりして、何をしているの?と聞くと、ここがあまりにもゴチャゴチャしているから、この雑木、ホカすんだよ、という。
 びっくりした私。
 「それは、冬には花が咲いているの、知っているでしょ?捨てないでよ」と、あわてて止めた。
 幸いにもまだ根がついていたので、隣接畑に移植することが出来た。
 
 夫はとにかく家の中も畑も庭も掃除するのが好きなのだ。
 何も植えず、広々としておきたいらしい。
 私が1年も2年もかけて育てた植木や花も、一瞬でダメにしてしまう。
 私は今、毎日ブロッコリーにつく虫を箸で取り除いている。
 だから、最後花が咲くまでホカすことが出来ない。
 夫は、まだ実がなっていても、かんたんにホカしてしまう。
 夕方、昨日旧畑から掘り起こしてきた彼岸花の球根を、隣接畑の隅に移植した。
 夫がダメにしなければいいがと祈りつつ。

posted by hidamari at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック