2012年10月10日

手作り碁盤カバー

碁盤カバー.jpg 碁盤カバーA.jpg 

 以前、古い夏用ウールスーツを解いて、大きめのバッグを作った。
 それは、このカテゴリーに載せているが、その時余った端々の布切れを捨て切れずストックしていた。
 なぜなら、そのチェックの色柄と布の風合が好きだから、何かに利用されないかと思っていたからだ。
 今年になって、夫の碁盤カバーがやけに色あせてきて、角は破けそうになっているのが、気になり出した。
 このカバーも私が作った物だが、もう10年近く経っている代物だった。
 それでこの頃思い立ったのが、このチェックの布だった。これを使って碁盤カバーを作ろうと思った。その布は、全て小さな端切れで、つなぎ合わせてやっと面だけの広さになった。それで足らない分は、ストックしていたキルティングの綿布を使った。それも、1枚では広さが足りなかったので、柄が違うものを2枚使い、リバーシブルで使えるようにした。
 そのように、継ぎ接ぎして出来上がったのが写真。
 私の好きなスーツの布を全部使い切ることが出来、とても快感。
 夫は、カバーの布が厚いので碁盤が保護できると喜んでくれた。

posted by hidamari at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 手芸・アイディア品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック