2012年12月14日

歌謡曲「無情の夢」

 金曜日はプールの日
 ガーデンレストランでの軽食は、とうとう飽きてしまった。
 先週まではあんなに楽しみだったのに、急になぜかというと、食べたいメニューがことごとく品切れで、これは先週から始まったことだが、それで結局あるものを頼まざるをえなくなったからである。
 今日食べたのがビフテキ入りサンドセットだった。
 これが私たち老人には重すぎるし、牛肉がおいしくない。
 値段も700円、2人で1400円ではお安くない。
 やはり永遠ということはないのだなあ、と思ったことだった。
 唐比温泉の方は、今日もいいお湯だった。

 帰りにカーラジオを聞くのも楽しみである。
 夫がはまっている「ロックンローラー近田春夫の歌謡曲って何だ?」を、私も楽しんでいる。
 近田春夫さんが、リスナーの希望曲を紹介しながら、自分勝手に違う曲をかけるという変わった番組である。
 それが時々、夫や私のツボにはまる曲に出くわすことがあるので、とてもおもしろいのである。
 今日私がキュンとした曲が、佐川満男さんが若い頃に歌っている「無情の夢」。
 ♪あきらめましょうと 別れてみたが. 何で忘らりょう 忘らりょうか. 命をかけた 恋じゃもの. 燃えて身をやく 恋ごころ♪
 佐川満男さんの甘い声が、思いもよらぬ我が青春の甘い想いを蘇らせてくれた。
 この曲は戦前作られたもので、戦後リバイバル曲としてヒットしたものである。
 多くの著名な歌手も歌っている。
 でも、佐川さんの声は素敵。
 ロック調でありながら、ビブラートが効いていて、切ない感情がひしひしと伝わってくる。
 たとえ何とも思ってない男性でも、この曲をこの声で歌われたら、ひとたまりもなく惚れてまうだろうなあ。
 この頃、佐川さんは、もてまくっただろうなあ。
 そんなことを思いながら、酔いしれて聴き入ってしまったのだった。
 帰ってさっそくユーチューブでこの曲を探した。
 佐川さんが歌っていても、ラジオで聴いた声ではないのがあって、これだと思ったのが、佐川満男 「無情の夢」懐メロカラオケ、だった。
 お顔が若くて別人みたいだけど、やっぱり「惚れてまうだろうなあ」と、思ったことだった。

posted by hidamari at 22:36| Comment(1) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
私も近田春夫さんのラジオ、毎週楽しみに聴いています^^
本当に笑えますし、好きな曲もたくさんかかるので・・。
たま〜〜に名前程度なら読んでもらえるのですが
リクエストまでは、難しいですね(笑
ちなみに私は、先日かかった『京都の夜』は、ちょっとうれしかったです(笑
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2012年12月20日 12:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック