2013年11月18日

クイズとパズル

 学問的な命題に対して娯楽の要素が強いものがパズル、または知識に頼るものがクイズで、思考で解くものがパズル、など多くの意見がある(ちなみに20世紀前半には、クロスワードパズルの様にクイズとパズルの中間と思われる問題を「クイズル(Quizzle)」という造語で呼んだこともある。※ウィキペディア
 今回クロスワードパズルで、出てきたことばである。

 以下今日のことば。
○エチュード(Étude)   練習曲 - 声楽や楽器演奏の習得、また特定の技巧の向上を目的に演奏される。 絵画や彫刻の制作過程における下絵、習作。 即興劇 - 演劇において状況や場面、人物の性格だけを設定し、台本を使わずその場の受け答えを基に役者が動作や台詞を創造していく芝居。※ウィキペディア
○ツトメテ  名詞@早朝。出典枕草子 春はあけぼの「冬はつとめて」[訳] 冬は早朝(が趣深い)。A翌朝。※古文辞典
○シーア派・スンニ派  イスラム教(イスラーム)の二大宗派
○サイジ(歳時)  1  1年の、そのおりおり。四季おりおり。2  年と時。年と季節。※コトバンク
○ウキヨドコ(浮世床)  江戸時代の戯作者、式亭三馬の滑稽本。 落語の演目の一つ。本項で詳述。 浮世床(うきよどこ)は、落語の演目の一つ。元々は上方落語の演目で、現在では東京でも演じられる。※ウィキペディア
○バナメイエビ  クルマエビ科に属するエビの一種。東太平洋原産で、食用として広く漁獲・養殖されている。※ウィキペディア
○ウエ(飢え)の苦しみ  望み求めているものが満たされない苦しみ。
○ツルベ(釣瓶)  井戸において、水をくみ上げる際に利用される、綱等を取り付けた桶などの容器を言い、後に、それを引き上げる天秤状の釣瓶竿や滑車など機構の一切を指すようになった。※ウィキペディア
○ゼンチナイグ(禅智内供)  芥川竜之介(あくたがわ-りゅうのすけ)の小説「鼻」の主人公の名前。

posted by hidamari at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック