2013年12月03日

ニンジン葉の使いみち

流しのニンジン葉.jpg
 ダイコンやニンジンをマイ畑で収穫すると、捨てなければならない葉っぱがたくさん出てくる。
 ダイコン葉は、時々湯がいて和えものにしたり炒めものにしたりして食べてはいるが、そうそうしょっちゅう食べることは出来ない。
 そこでこのいらない野菜の葉を、少しでも何か他に使いみちがないか考えた。
 ダイコンの葉等幅があるものは、皿や鍋についた汚れを取ることに使え、ニンジン葉は流しの受ける網にのせると油や汚れを浄化するのに使えることが分かった。
 特にニンジン葉は優れものである。
 洗いものはたいていお湯でするので、ニンジン葉はずっとイキイキとした状態で、どんな汚れも取ってくれる。
 ちなみに、青野菜は50℃前後で洗うのが1番いい。少々枯れていてもピンと生き返る。栄養価が損なわれることはない。
 高校時代食物科の試験で、ホウレンソウやキャベツはお湯で洗う、と解答して、先生に嘆かれた。私も単にきちんと洗えるから、と思っていただけだが、今なら×にならなかっただろう。
 あの世で先生も、この事実に驚いているのではないだろうか。

※写真は、1日中イキイキしている流しのニンジン葉

posted by hidamari at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック